ミレジム:Millesimes
Wine Information

フランス…おすすめワイン情報 Vol.3
Alejandro Fernandez
アレハンドロ・フェルナンデス

<テンプラニーリョ・マスターが造る至宝の傑作ワイン>

アレハンドロ・フェルナンデス

ティント・ペスケラで「スペインのペトリュス」と称される高品質なワインを生産しているアレハンドロ・フェルナンデスは、努力と情熱の人でありリベラ・デル・デュエロをワインの銘醸地として世界に知らしめたという、すばらしい功績あげた人物でもある。テンプラニーリョというスペインの土着品種を敬愛する彼は、誰もが認めるテンプラニーリョ・マスターである。ティント・ペスケラの歴史は1972年より始まる。その時代リベラ・デル・デュエロで有名なワインはベガ・シシリアのみであった。かつては高品質なワインが生産されていたこの地では、その当時、ワインの造り手の多くは主に安価なワインを大量に生産していた。農家の中にはブドウの栽培を止め他の作物に転換する光景も日常的であった。そんな中、アレハンドロ・フェルナンデスは最高の赤ワイン造りを目指していた。彼は情熱の手本、不屈の精神の持ち主である。ブドウを植え、高品質のワインを生産するという夢を実現する為に、彼はどんな仕事もこなしていった。彼はテンプラニーリョの栽培に最適な土地を見つけ若い頃よりの夢であったワイナリーを40代で設立する。当初、伝統重視主義であったアレハンドロ・フェルナンデスも、年月を重ねるごとに大胆な改革を進め近代的な醸造法をボデガに導入するようになったが、彼はヴィンテージが許す限り、スペインの伝統的なレセルバとグランレセルバ・キュヴェの製法にこだわりを持ち続けた。カベルネ種を決して使わず、リベラ・デル・デュエロの原生品種であるテンプラニーリョへの確固たる忠誠を捨てることはなかった。テンプラニーリョにとって理想的な土壌での栽培を心がけ、取り扱いが難しいこの種のブドウのポテンシャルを最大限に引き出すことに成功したのだ。ロバート・パーカーが「これぞスペインのペトリュス」と評価したことによりティント・ペスケラの名は世界中に知れわたることになる。そのすばらしい出来に世界は驚嘆し、いまやリベラ・デル・デュエロを代表するワインとなった。

Pesquera

2005 Tinto Pesquera Crianza

熟成: アメリカンオークの新樽で18ヶ月、瓶熟成6ヶ月
醸造: 完全にエキス分を抽出した果汁はオークの新樽でマロラクティック発酵を行い、慎重な澱引きと熟成過程によって自然の清澄が達成される。

2005 Tinto Pesquera Crianza

熟成: アメリカンオークの新樽で24ヶ月、瓶内で12ヶ月熟成。
料理: 18度でサーブ。フルボディで洗練されているので、小さな獣肉料理や、グリルした肉、大きな獣肉のシチューとよく合う。

Condado de Haza

1995年からはコンダード・デ・アサのワイナリーでブドウ栽培からボトリングまですべてを行うことが可能となった。単一畑のブドウを使用し、栽培は細部にわたる管理を行届かせている。ブドウを弱らせないため余分な雑草は完全に引き抜き、ブドウに十分に太陽の光をあて、風通しを良くし、取り扱いを容易にするため房の近辺の葉は刈り取られる。発酵は自然酵母で行われ、人口酵母は使われない。コンダード・デ・アサは、他に追従を許さないテンプラニーリョ・マスターであるアレハンドロ・フェルナンデスの大胆で見事なワイン生産技術が反映され、テンプラニーリョ種の複雑で凝縮感があふれた個性豊かな味わいを醸しだし、非常にポテンシャルを感じるワインに仕上がっている。

2005 Condado de Haza Crianza 
コンダード・デ・アサ・ティント・
クリアンサ
品種:テンプラニーリョ100%

ワイン・アドヴォケート169号 2007年2月 91点(2004ヴィンテージ)
コンダート・デ・アサはペスケラで有名なアレハンドロ・フェルナンデスが所有し、同じくリベラ・デル・ドゥエロに位置している。彼のすべてのエステートのように、このワインは100%テンプラニーリョで造られている。ファーストヴィンテージは1993年。この素晴しい2004アサはマロラクティック発酵をし、15ヶ月アメリカ産の樽で熟成されている。紫色で、シダー、タバコ、ブラックカラント、ブラックベリーの芳香が溢れる。柔らかな口当たりで、たくさんのチェリーと黒果実の風味が広がる。よい熟成に十分な熟したタンニンももつ。この快楽的なワインは今から向こう10−12年楽しめるだろう。

2001 Condado de Haza Reserva Selection
コンダード・デ・アサ・レセルバ・セレクション
品種:テンプラニーリョ100%

素晴しい収穫の中でもさらに選別されたロットのものです。
以下Condado de Haza Reservaコメント
ワイン・スペクテーター 91点 2004年11月30日(2000ヴィンテージ)
この赤ワインはミネラルと軽めの土がブラックチェリーの果実のアクセントとなっている。味覚はとてもエレガントで、それでいて硬く、焦点が定まっている。大型爆弾とまでは行かなくても、ハーモニーがあり際立っている。今から2009年までが飲み頃。

La Granja

そしてはるか将来を見据え、さらなる上質なワイン造りを行うため、スペインで早くからワインの生産地として認知されていたサモラ州にも農地を購入した。そこは州の中心地にあるグアレーニャ河のほとりにあり“ラ・グランハ・ヴァェグアレナ・デル・ロ・モレロス”という名前で20世紀を通して知れわたった闘牛用の1800エーカーの牧場であった。購入時にはまだ牧場として運営されていたこの地には、18世紀に125人の労働者と17年以上の歳月をかけて手作業で造られた3600平方メートルの地下セラーが存在していた。それらが示すように、かつてこの地は17世紀から19世紀にかけ、主要なワイン生産地であり“ティエラ・デル・ヴィーノ”(ワインの地)としてスペインのみならずヨーロッパ中に知られていた。アレハンドロ・フェルナンデスは購入してすぐにテンプラニーリョの古いクローンの植樹などを行い、牧場をワイン畑へと戻す作業に入った。古い建物も修復され18世紀に造られたセラーにも最新の醸造設備が設置された。そして1998ヴィンテージからラ・グランハを生産し始めた。

2002 Dehesa La Granja
品種:テンプラニーリョ100%

 
熟成: アメリカンオークの新樽で24ヶ月、瓶熟成6ヶ月。
醸造: 完全にエキス分を抽出した果汁はオークの新樽でマロラクティック発酵を行い、慎重な澱引きと熟成過程によって自然の清澄が達成される。

ワイン・アドヴォケート152号 88−90点 (2001ヴィンテージ)
この素晴しいヴィンテージのワインはエレガントで濃厚なルビー/紫色である。ブラックベリー、ブラックチェリー、モカ、チョコレートの豪華なアロマが広がり、印象的な構造をもち、リッチで風味溢れるミディアムからフルボディのワイン。そしてよく統合された柔らかなタンニンをもつ。長くリッチなワイン。5−6年美味しく楽しめる、とてもお買い得なワイン。

 

 

(c) 2004 Millesimes, Inc. All right Reserved.
 
サイトマップ
ページTOP