ミレジム:Millesimes
Wine Information

フランス…おすすめワイン情報 Vol.11

2007 Robert Groffier Pere & Fils ロベール・グロフィエ・ペール・エ・フィス

<向上の目覚しいパーカー注目の一級品>

レザムルーズの最大の所有者としても名高いロベール・グロフィエ。畑を買い増し、また遺産相続で渡ってしまった畑を買戻したのがロベールです。
ロバート・パーカーも注目する造り手で、著書≪世界のワイン フランスのワインII≫で、以下のように説明しています。

「ロベールの息子であるセルジュ・グロフィエの丁寧なブドウ畑での仕事(ライバルであるほかのブルゴーニュの栽培者たちは、彼のブドウに畏敬の念を抱いている)が、ロベールの熟練した、すばらしく才能に富んだワインづくりと結びついて、このブドウ園の品質を目がくらむばかりの高みに引き上げた。1996年と1997年に、ロベール・グロフィエのドメーヌは、信頼できるブルゴーニュ・ルージュから現実離れしたシャンベルタン・クロ・ドゥ・ベーズやボンヌ・マールまで、コート・ドールで最もすばらしいワインをいくつかつくり出した。このブドウ園は、現在あと一歩で五つ星の仲間入りをするところにいる。」

(写真は左からロベール、マダム、ニコラ、セルジュ)

■2007ヴィンテージ テクニカル情報■

収穫:ブドウの熟成が非常に早かったので、ワインのアルコール度数を上げることよりも酸の数値が下がってしまうのを心配していました。収穫は8月27日から始めましたが、選果は比較的少なくてすみました。
収量:収量は上々で、グラン・クリュでは約25hl/ha、プルミエ・クリュでは約38〜39hl/ha、糖度は12〜12.5%でした。
醸造:100%除こうをし、12℃で7〜8日間発酵。3度か4度、非常に優しくピジャージュをし、その後丁寧にプレスをします。最も良質でクリーンな澱だけを活用するために、デブルバージュは比較的長めで15日間ほど時間をかけます。そして澱引きをして樽に移します(新樽3分の1)。マロラクティック発酵には特に時間をかけます。
(BURGHOUND.COMより、ロベール・グロフィエの息子、セルジュ・グロフィエの2007ヴィンテージについてのコメント)

※BURGHOUND.COMについて
ブルゴーニュとピノ・ノワールに特化した批評サイトで造り手や個々のワインに関するコメントが書かれています。オーナー兼執筆者のアレン・メドウズは過去30年もの間ブルゴーニュに通い続け、2001年にサイトを立ち上げました。一年に平均して4ヶ月はブルゴーニュに滞在し、300以上ものドメーヌを訪問しています。年に4回発行され一度の内容量は約150ページほど。ブルゴーニュやピノ・ノワールに関する彼の知識と愛情の深さには定評があり信頼も厚く、ワイン・アドヴォケートを凌ぐほどともいわれます。

Bourgogne Passe-tout-grains ブルゴーニュ・パス・トゥ・グラン

香り:土、ラズベリー、チェリーの果実、ビート
味わい:パトゥスグランの典型的な赤い果実が感じられます。
※このブドウはモレ・サン・ドゥニのACに認可されている畑のものですが、ACに昇格させずパストゥグランを造っています。それはこのワインに約10%ガメイが含まれ、この少量のガメイの栽培が違反になってしまうことと、グロフィエ家の求めるヴィラージュの品質に達しないと判断し、ドメーヌのワインの質を高く保つためです。

Bourgogne Rouge ブルゴーニュ・ルージュ

モレとヴージョの古樹から採れたブドウを使用。
色:美しい中程度の濃さの赤色で縁まで色取られています。
香り:すみれ、チェリー、ラヴェンダー・ウォーター、たくさんの花
味わい:とても純粋な典型的なピノ・ノワールで、たくさんのチェリーと程よいスパイスが表れ、複雑でもあり、素晴らしい年の良いヴィラージュワインのようです。

Gevrey Chambertin ジュヴレ・シャンベルタン

20%新樽使用
色:深めの赤/紫色。縁まで中程度の濃さに色取られています。
香り:花が豊かに表れ、肉が加わります。ラヴェンダー、スミレ、ボイセンベリー、紫のプラム、ブルーベリー
味わい:開いており、シナモンのスパイスと革が表れます。根の特徴を感じさせ、シナモン・パウダー、熱を加えたチェリー、パイの皮が余韻長く広がります。

Chambolle Musigny 1er Cru Les Hauts Doix 
シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ レ・オー・ドワ

樹齢:約20年  新樽20%使用
色:ジュブレより淡い色。
香り:焼き砂糖をかけたチェリーとトースト。チェリーとタラゴンがいっぱいに表れます。
味わい:焼き砂糖をかけたチェリーとジンジャー。新鮮さが溢れるワインで、白コショウが常に感じられます。プラムとプルーンがたくさん表れ、フィニッシュはエネルギー溢れ、ジンジャーとタラゴンが加わります。新鮮さ溢れるワインです。

Chambolle Musigny 1er Cru Les Sentiers 
シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ レ・サンティエ

樹齢:約40年  20%新樽使用
色:より深い赤/紫色。中程度の濃さで縁まで色取られています。
香り:醤油、燻製した肉。カラメルが表れ、食欲をそそる香りです。肉料理のラズベリーのジェリーソースを感じさせます。
味わい:ジンジャー、スパイス・キャンディーを感じさせます。トーストよりも花(青、ピンクの花)が最初の味わいと香りに感じられます。とても余韻長く続き、明確なフィニッシュに続きます。2003、2005年より男性的な要素が控えめです。

Chambolle Musigny 1er Cru Les Amoureuses 
シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ レ・ザムルーズ

面積:1.07ha  樹齢:約40年
香り:スモーキーで同時にとても新鮮な紫とピンクの花が感じられます。とても明確で典型的なレザムルーズ。ジェリー状のチェリー。
味わい:ミネラル、白コショウが新鮮に表れます。レッドチェリー、カラメル・スパイスを感じさせ、カラメル・トーストが余韻長く溢れ、フィニッシュにはジャミーな赤果実、ジンジャー、白コショウが広がります。明確で長く、若いレザムルーズのお手本のようなワインです。
スモーク、樹液、刺激を感じさせる余韻の長いワイン。

Chambolle Musigny Grand Cru Bonnes Mares ボンヌ・マール

面積:0.97ha  樹齢:約40年
色:中程度の濃さ。
香り:スパイシー。焼けた茶色の葉、茶色の革。ボンヌマールの典型的な香りといえます。ブラックラズベリーと野生のブルーベリーが果実溢れる2006年の特徴を表現しています。
味わい:ジンジャーにとても熟した果実が加わります。フィニッシュには塩、白コショウとともに焦げたトーストとパイの皮が加わります。焼き砂糖がけの赤とピンクの果実と柑橘類のタルトが広がります。

Chambertin Clos de Beze Grand Cru シャンベルタン・クロ・ドゥ・ベーズ

面積:0.42ha  樹齢:約40年
香り:魅惑的なスモーク、黒コショウと青果実。砂糖がけのラヴェンダーとプラム。
味わい:ジンジャー、ミネラルが表れ、ふくよかで、滑らかなタンニンが広がります。黒と茶色のコショウ、茶色のスパイス、パイの皮、パン粉にプラムとプルーンが加わります。

 

 

(c) 2004 Millesimes, Inc. All right Reserved.
 
サイトマップ
ページTOP